宮崎・岐阜百笑一揆

<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

宮崎百笑農園・6月21日。牛糞と木屑チップ!

6月21日(日)晴れ(朝は霧が濃かった!)

b0181417_22562942.jpg

          うお~霧でなんじゃこりゃ^^

霧の中昨晩のうちに購入しておいたアルミの足場を丸太の橋の

上にかけます!ちょっとぐらぐらするかな~^^

b0181417_2302095.jpg

         渡してみました。けっこういけます。

宮崎市佐土原町で牛を100頭くらい飼っている非常に仲良くして頂いている岩切治俊さんの

ご自宅に伺って牛糞を頂きました!乾燥牛糞で扱いは簡単だし、でっかいショベルカーで

軽トラの荷台にごっそり乗せてくださいました。ありがとうございました。奥様にスイカやメロンまで

頂きました!

さあ早速畑に帰り、昨日仕入れた木屑チップと混ぜ混ぜです。

b0181417_2364355.jpg

      ぜーんぜん臭いがしません。臭くないのです!

阿藤先生にMAMの元の状況をお伝えすると呼び水に1~2杯のバケツの水を入れたらどう?

とのお話で実行しました。

明日には変化が出て来るかな~^^
by tsungara | 2009-06-26 23:09 | 週末農業

宮崎百笑農園・6月20日。綾わくわくファーム!

b0181417_22102854.jpg


6月20日(土)くもり・雨 気温21度

朝5時くらいから安井さんと駐車場の草刈などをしました。

と言っても私の何倍も草刈のスピードは安井さんが速いので

刈った面積は1:3くらいでしょうか・・・。あはは。

10時30分に千恵ちゃんご夫婦と綾のわくわくファームへソーセージ

作りとスローフードについての勉強に行きました!

b0181417_22394116.jpg

         綾わくわくファームの立派な建物!

宮崎のスローフードの代表をされている濱田倫紀さんが主宰する素晴らしいファームです。

「手作りソーセージ作り」という3時間に食育に関する講話とソーセージ作り、お食事がセット

になった体験コースです。

b0181417_2246083.jpg

        スローフードについての説明と食育についての講話をする濱田さん。

霜降りの牛肉の牛の健康状態にはちょっと驚き、今後は霜降り肉は食べられません。

ためになる食育の講話のあといよいよソーセージ作りです!

お肉と背油をフードプロセッサーで粉砕して、岩塩やパセリ、カキ氷などを混ぜて

ソーセージの中身を作り、羊腸を水に浸しながらミートガン!!で綺麗にお肉を

腸のなかに入れて行きます。簡単に言いますとこんなところですが、難しい!!

b0181417_2304792.jpg

        フードプロセッサーでお肉粉砕中のパッパと千恵ちゃん。

力の加減で腸が破裂するし、羊腸は重なってしまうし、優しく教えて下さる濱田さんと

可愛い女性スタッフの方にご指導を頂き、悪戦苦闘しながら何とかソーセージの形に

なりました。

b0181417_2365066.jpg

      パッパは上手く行かずにフーンだ、もう!って感じです^^

b0181417_2381844.jpg

      千恵ちゃんがパッパを優しくフォローです。うーん、いい感じ。

b0181417_2394256.jpg

      千恵ちゃんとうちの女房が見ていない隙にパッパと愛を確かめ合う!あはは。

とそんなこんなでソーセージの形になり、約70度のお湯で軽く茹でます。

お湯にもお肉の脂が染み出て美味しいスープの素になっていました。
b0181417_23123612.jpg


テラスにお食事のセッティングをして頂き、大自然の中で、山を見て鳥の声を聞きながら

美味しいランチです♪

b0181417_23151112.jpg

          綺麗にセッティングされたテーブル!

さあさあお腹ペコペコで、濱田さんのご自慢のカレーとジャガイモの冷スープ、そして

自分達で作ったソーセージを頬張り大満足なランチでした!

b0181417_23183667.jpg

      4人でカンパーイ!濱田さんからビールの差入!ありがとうございます!

また4人であっちこっち行きましょうね~~~。予約及びご案内のパッパは帰りの車で

ちょっとお疲れで寝たかな~と思うと「その次を左!です」としっかりしていた。さすが!
by tsungara | 2009-06-25 23:23 | 週末農業

宮崎百笑農園・6月15日~19日。

6月15日(月)晴れ気温20度

朝5時 MAM変化なし!

b0181417_2222494.jpg

       ちらっ・・・。変化は無いようだが・・・・・。

残りの米糠を4つの風呂桶に分けて全て入れました。

バレーボールの疲れか畝たてなかなか進まず。

6月16日(火)くもり20度

マムの中に家から持って来た生ごみをぎゅーと押し込んだ。

畦の左側の畝の上をレーキで整地する。大きな固まりをレーキでほぐすと

言う感じでしょうか・・・。

b0181417_2230786.jpg

     こんな感じで畝の上をレーキでこつこつ整えます!

6月17日(水)晴れ 気温20度

今日も家から生ごみを持参して、風呂桶に入れてぎゅーと下のほうに押し込む。

昨日から東京の江戸川区にある「春花園BONSAI美術館」の小林國雄先生が

会社の盆栽のお手入れにお見えになっています。

小林先生にはお手入れの際に色々なお話をお聞きして本当に勉強になります。

自然について、美について、人生についてと本当に多くのご経験があり、また世界20カ国

以上も今までの間に講演においでで、毎年3カ国以上から講演の依頼を受けています。

本当に忙しい方ですが、物凄いバイタリティーとパワーをお持ちです。

また、小林先生の奥様が優しく、美しい方で本当に素晴らしい女性です!

毎年この時期に黒松の芽切りに宮崎までおいで頂きお手入れをお願いしています。

火曜日(16日)から木曜日(18日)までのご滞在です。

6月18日(木)くもり気温22度

畝間がぬかるんでいて、畝立て作業はなかなか進まず・・・・。

畝の上の整備に汗を流した。

畦の左の畑の10本の畝の上の整備が終了。MAM変化が無いが

なんか虫が糠の表面にもそもそ動いていた。

細長くて小さいかなぶんのような虫だった。なんていう虫かな・・・。

週末には木屑チップと牛糞をゲットすること!!元気出して行きます!

b0181417_22553715.jpg

      なんだろうこの虫は・・・・。チビブンと言う名にしよう!
by tsungara | 2009-06-22 22:58

宮崎百笑農園・6月14日(日)娘の高校のバレー大会。

6月14日(日)晴れ20度
今日は朝8時過ぎから娘の高校のバレーボール大会で畑には行けません

でした。5月6日に阿藤先生の奈良から帰って初めて畑に立ちませんでした。

阿藤先生には朝からお電話を頂き、「米糠の準備が難しければ、醤油粕オンリー

で行くか!」とか「ショウジョウバエは乳酸菌発酵のええ兆しちゅうことや!」など

細かいご指導を頂きました!本当にありがとうございます!

マムの状況は変わってないな~^^
by tsungara | 2009-06-20 22:14 | 天然自然農法

宮崎百笑農園・6月13日。MAM(堆肥の元)作成に!

6月13日(土)気温20度くもり

桜の木の添え木になっていた約6Mの丸太3本を畑に運びました。

今はU字型をした鉄の橋(横幅約30センチ)だけなので、その横に丸太

を渡し、その上にピケ足場の足場板を乗せて橋を広くする構想です。

軽トラで運ぶと電線に引っかかって軽トラがウイリーしてしまうんじゃないか

と不安でしたが無事に畑まで運んで、小川に渡して見ました。

b0181417_222597.jpg

          鉄の橋の横に丸太3本渡してみました!

ビびりながら恐る恐る渡って見ましたが、ぼよんぼよんしていてマジで怖かったです。

今日はMAM(マム・堆肥の元)を作り始める大切な大切なスタートの日です。

阿藤先生に質問していたら、速達で!ご返事を頂いておりましたし、「どげんか

せんといかん!」(東国原知事)と心に決めて、朝、畑に立ちました。

まずは先日来からの醤油の絞り粕はどうなった????

b0181417_2284681.jpg

           気泡が出来てて、何だか泡が・・・・・!。

今日はなんだか昨日までとは違う!確実になんか変化があっていました。

水も色が茶色くなってますし、表面に泡が出たときの穴が沢山開いてました!

これはまさしく発酵です!(八紘一宇じゃないよ^^)
早速阿藤先生に興奮して電話した。

先生「おう!そうか!ええぞ!その醤油粕を4つの風呂おけに分けるんやで!そして

めっちゃ美味しい、人が食べられるような漬けもんを作るんや!」

百笑見習い「分かりました!先生!今から美味しいもの沢山買って中に入れます!」

先生「頑張れ~!絶対に出来る!俺の言うた通りやったら出来るねんて!自信持て!」

この力強いエールに励まされて発酵・発酵・発酵食品を沢山買い込んで再び畑に戻り

ました。

途中、長友さんに連絡して、共同作業場にある精米所に行って糠を6袋買いました!

安井さんが用意してくださっていた野菜を押し切りでシュパシュパ、ザクザクと切り刻み

練り箱にどんどん積み上げました。

b0181417_22355647.jpg

           切りまくった(まくられた)野菜たち。

この野菜たちを4つに分けたそれぞれの風呂おけに均等に入れました。

b0181417_2250296.jpg

             醤油粕の上に撒かれた野菜たち。

その後、ネバドロの秘密の液体をこの野菜と醤油粕の上に撒きます。

b0181417_22504989.jpg

             謎の秘密の液体ネバドロ君です!

さあ、かけた後は上から蓋をするように糠をたっぷりと注ぎいれます!
            
b0181417_22543173.jpg

            糠で埋め尽くされたMAMの元です。

ということでMAMの元となる食品?は完成です。

阿藤先生に電話すると「1週間ぐらい待ってたら変化があるはずや!」とのことでした。

よし!これで「果報は寝て待て!」ということで畝作りに専念しよう!

           
by tsungara | 2009-06-18 22:59

松本英揮さんと偶然にも再会!!

6月12日(金)晴れ20度

b0181417_224906.jpg


相変わらず醤油粕は変化ないが、何となく水にお醤油の色が出てきていた。

畝たてをするとちょっと湿度が高く汗びっしょりに^^

今日は大分に電車で出張で「にちりん」に8時過ぎに乗ると大きな荷物を抱えた懐かしい

顔に出会いました!子供が同じ小学校に通っていたエコロジストの松本英揮さんです。

車中で最近のお互いのこと、子供のこと、政治のこと、経済のこと、もちろん環境の

事と大分につくまで2人で話し続けました!最高のひと時でした。

松本さんはご自分で毎年2回(春と秋)に「ヨーロッパエコツアー!」を企画から引率

予約、何でもご自分でやって、約40名のツアーを実施しています。

例えば、ドイツの環境都市フライブルグに行って、世界一のエコホテルビクトリアに宿泊

したり、ハイデルベルグというCO2削減世界一の美しい街を訪問したり、素晴らしい活動を

続けていらっしゃいました。初めて松本さんの世界各地の環境汚染や、また環境問題に

取組む都市の、美しい自然のスライドショーを見た時の感動は今も鮮明に記憶にあります。

いつもマイカップとマイ箸を持ち歩き、自分の身体で体験し、目で確かめて行く姿は本当に

素晴らしい、尊敬に値する男性です。生き方が実にうらやましいです。私も百笑として

素晴らしい作物を作り、松本さんに負けないように努力しなきゃ!と勇気が沸きました。

講演を依頼すれば、スケジュールが調整できる限り、自転車にまたがって日本国中に

活動の輪を広げていらっしゃいますので、ご希望の方がいれば是非HPからどうぞ

またゆっくりお会いして色々お話したいと思います!

奈良の阿藤先生に質問の手紙をお出ししていたら、夜に早速のご返事を頂きました。

「慌てずに、堆肥と考えずに、人間が食べられる漬けものを作れ!」と実に簡潔に私の

悩みを見抜いてご指摘頂きました。さすが、阿藤先生!お見通しでした!

明日は美味しい漬物を作るぞ~!!
by tsungara | 2009-06-15 23:10 | 週末農業

宮崎百笑農園・6月11日醤油粕の変化は??

6月11日(木)くもり 20度

b0181417_22355167.jpg


畑は曇ったり、雨だったりと天からの水遣りで草もしっかり伸びて来ました。

どうしてもぬかるんで、畝たてがなかなか進みません。まあこういうこともあるさ!と

自分で慰めながら、とりあえず醤油粕に水を川から汲んできて約8分目になるまで何杯か

入れた。状況の変化はなし、です。
by tsungara | 2009-06-15 22:43

宮崎百笑農園・6月10日。醤油粕頂きました。

6月10日(水)22度 くもり

6月9日の午後に頂いた醤油粕を畑に運び、早速風呂おけの中に分けて入れました。

b0181417_14351582.jpg

           風呂おけに収まった醤油粕

機械で絞られた醤油粕は約1センチくらいの厚さの板状で、甘酒を造る酒かすの大きい

感じのものと言えば正確に伝わるでしょうか。まあ酒粕も機械から出たばかりのものは

大きいはずですが、販売用に小袋に分けてあるようですね。

川からバケツにロープをつけて入れた醤油粕に水を注ぎます。

川と風呂おけを何回か往復していると「あ~^^原始的で、なんだかいいな~^^」と

朝の畑で一人ニコニコしてしまいました。

b0181417_14404278.jpg

         プラじゃ駄目なんだ!ブリキじゃなきゃ。川に沈まないもん。

さあこの水を入れた醤油粕はどんな感じに変わっていくのでしょうか!

阿藤先生に電話したら「発酵が始まったら、ブクッブク泡が出よるで!楽しみやな!」と

自分の事のように喜んで下さった。さあ本格的にMAM(マム)作成に取り掛かりました!

b0181417_14455343.jpg

        ブクッブク出てこいよ~!泡ちゃんたちよ~!
by tsungara | 2009-06-13 14:47

宮崎百笑農園・6月8日~9日。出ましたついに!

6月8日(月)くもり 何事もなくコンパネを風呂おけの上に乗せて確認したり、

ぬかるんでいるので畝作りは休憩って感じでした。安井さんからキャベツ、キューリ

など堆肥に入れる野菜を頂いた。堆肥に入れる前には押し切りで小さく切らないと・・・。

6月9日くもり(20度)出た~!また出た~!撮影に成功です!

畑から北東約300メートルのところに機械を入れておく小屋がありますが、その近くが

またガサガサとうるさくなり始め、「キーッ!キーッ!」とサルの声がしました。

前回も聞いているので直ぐにサルだと分かりました。早朝は鳥の鳴き声などでとても静かなのですが

サルはその静寂を破って現れました!

b0181417_14142778.jpg

      屋根の上で数頭が暴れまくってます!

屋根の上を飛んだり、跳ねたり、追いかけっこしたりと、めちゃくちゃ楽しそうでした。

前回は大きなボスにけしかけられて、子供もメス猿もなんか悲壮感がありましたが

今日はのんびりと朝から楽しく暴れまくって、とってもリラックスムードです。

b0181417_14175738.jpg


コメントでミマモル人さんが「サルは本当に現れるんですか~?そんな山奥?」という質問を

頂いておりましたが、ここは宮崎市細江で生目神社から5分のところです。宮崎では青島の

アコーディアゴルフ場で見た事がありますし、畑の近くのアイワ大淀コースの近くにも出没する

らしくえさを求めて群れで移動しているようですね~。サルの同居する街!というのをキャッチ

フレーズにするのもいいかもです。

こんなのんきなことを言いながら、今日もマーキングは欠かせません^^
by tsungara | 2009-06-13 14:23

宮崎百笑農園・6月7日。堆肥用風呂がまよーし!

6月7日(日)晴れ 5時の気温20度でした。

畑で畝作りをしていると安井さんがお見えなって農法に

ついてのお話になり、自然農法について説明をすると理解してくださり

「あんたがやって上手く行ったら俺もやる!」とまで言ってくださいました!

頑張って美味しいものを作らねば・・・。

7時過ぎにお取引先の工藤表具店のマサさんがお願いしておいた風呂がまを

畑まで持って来て下さる。

その後残りの4つも一緒に取りに行きました。マサさんありがとうございました。

ハンズマンとナフコで、コンパネを購入して、お風呂の栓のところにシリコンの

コーキングをして後は米糠や醤油かすが入るのを待つばかりとなりました^^

b0181417_13501741.jpg

   米糠・醤油粕を待つ風呂おけたち・・・・。

b0181417_13524232.jpg

コーキング処理を実施しました!
by tsungara | 2009-06-13 13:53

大いに笑いながら天然自然農法で豊作させましょう!
by tsungara
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな